Amazonアソシエイトの審査にもしもアフィリエイトのAmazon広告があっても大丈夫?の疑問に答えます

こんにちは、うさぎ飼いです。

Amazonアソシエイトの審査に苦戦していますか?

うさぎ飼いも、本家Amazonアソシエイトの審査にことごとく落ち続けていました。

意外と審査が厳しいと言われるAmazonアソシエイト。

審査をクリアするには、色んな条件をクリアしなければならない?という噂が飛び交っていますね。

・Amazonでの購入歴が必要

・広告は全て外したほうがいい

・申請時のコメントを丁寧に書いた方がいい

謎な噂が飛び交っております。特に広告の有無は気になるところです。

広告は全て外した方がいい?

結論から言います。広告は外さなくても大丈夫です。

なんども落ちると、他に何でもいいから理由を見つけたくなって、広告を貼っているのがいけないのでは・・・?Google AdSenseやもしもアフィリエイトのASPが貼っていても大丈夫?と気になる所ですよね。

アドセンスは良くても、もしもアフィリエイトの簡単リンクで作成したAmazonの商品を紹介している記事があっても大丈夫??心配になりますよね。

もしもアフィリエイトのAmazon提携審査は、本家Amazonアソシエイトよりも審査が易しいと言われていますので、使っている方も多いのではないでしょうか。

Amazonアソシエイトでは、プログラムを提携する前からAmazonの商品の画像やリンクを載せることを禁止しているのですが、これってAmazonへのリンクじゃ・・・・・?と気になりますよね。

大丈夫です。もしもアフィリエイトの簡単リンクでAmazonへのリンクを含んだ記事を載せてましたが、審査に合格しました。

Amazonアソシエイト審査の噂を検証

Amazonアソシエイトの審査に落ちるとこんな理由がやってきます。

1.    Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合 

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合 

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 

*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております 

6. 知的財産権を侵害している場合 

7. 露骨な性描写がある場合 

8. 未成年の方のお申し込み

その他、プログラム参加申請をお断りする例は、以下よりご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t21

Amazonアソシエイトのメールより

これさえ守っていれば、合格することになります。

広告を貼り付けてはいけません、とは書かれていないですね。

Amazonでの購入歴は必要?

Google AdSenseでも支払いが行われるためには住所確認が必要なように、Amazonアソシエイトでも、住所が不明なものは認証されません。

しかし、審査の段階で住所確認の手続きがあるわけでもないので、Amazonでの購入履歴があるかどうか?という部分で住所を確認している可能性は十分にありえます。

申請時のコメントを丁寧に書くべき?

あまりにもひどい文章でなければ、「熱意」とかは必要ないと思いますが、質問にきちんと答える形で書かなければならないと思います。

2つのことが聞かれているので、2つの質問に答える回答形式になっている必要があります。

  • ブログの概要
  • 売りたい商品は何か

文字数が限られていますので、この2つの質問にちゃんと答えられているくらいの文章は必要です。逆に答えることが出来ていれば、それ以上の情報は必要ないのではないでしょうか。

熱意を優先して、聞かれていることには答えていない?という文章にならないように注意。

プライバシーポリシーは必要?

必要です。また、プライバシーポリシーには紋切り型の文言が書かれている必要があります。

申請後、すぐに審査に入るので、申請する前から記載している必要があります。

「サイト名を入力」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Amazonアソシエイト規約より

この一文を追加するだけです。

それでもダメなら?

記事数の目安ははっきりわかりませんが、10記事以上あるのに落ちてしまう場合は、何かの記事が引っかかっています。

なんの記事が引っかかっているのかは教えてくれません。

ですので、もう1記事書いて、最初の1記事を消して(下書きでOK)・・・・を繰り返すと、自ずとどの記事がダメだったかわかるかもしれません。うさぎ飼いは10記事ずつくらいで繰り返してみました。荒療治ですが(笑)

あまり記事が多すぎると難しくなるので、早いうちに試すのが得策。

規約に引っかかる記事かどうかは、自分でも判断つかないこともあります。

怪しいな・・・と思っても大丈夫だったり、その逆もあります。記事を消したり書いたりしながらトライアンドエラーです。

基本的なルールを守った上で、着実に記事を積み重ねていったら大丈夫です。

まとめ

Amazonアソシエイト審査には、広告を申請しても大丈夫です。

Amazonアソシエイトの本家に合格すると、ギフト件での購入分も報酬に含まれるというのが美味しいところです。(あとはプライドが満たされる笑)

Amazonアソシエイト審査にお悩みの方、頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です