マクロミルのポイントを最小限の時間で最大源稼ぐ方法を考える


こんにちは、うさぎ飼いです。

最近何かと出費が多い今日この頃、Amazonや楽天での買い物に使えるポイントは貴重です。

アンケートモニターで、毎月1万ポイント以上ゲットしているうさぎ飼いが、マクロミルを最小限の時間で最大限活用できる方法を考えました。

マクロミルは、私の知る限り最も優れたアンケートモニターで、リスクゼロで始められる副業の王道だと思っております。

マクロミルで最も効率よくポイントを貯める方法、それは会場調査に参加することです。

座談会に出席するだけで、2時間8000ポイントをもらえたりします。専門知識は不要のものばかり。

時給換算すると4000円相当。これはお得です。

会場調査は当選で決まるので、応募すれば必ず当たるという訳ではありませんが、当選確率を上げる方法は確実に存在します。

会場調査の当選確率を上げる方法

会場調査の当選確率を上げるためには、いくつか方法があります。

色々やってみた結果、マクロミルにかける全時間当たりの単価を最大限上げるためのポイントをご紹介します。

(※東京都在住が有利、という前提はあります)

会員ランクをあげること

これが実は1番大事じゃないでしょうか。マクロミルはシーズン毎の回答数によって、次シーズンの会員ランクが変わってきます。

ですので、たくさん回答してたくさんランクを上げると、会場調査の当選確率が飛躍的に上がります。

実はマクロミルはアンケートに答える前から、会場調査に繋がる設問なのか見分けることができてしまいます。

マクロミル アプリのホーム画面

タイトルを見て、会場調査のアンケートだけを狙い撃ちにすることができます。

ですが、、、会場の当選確率は他のしょぼい(失礼)アンケートも答えなければ、会員ランクが上がらない仕組みになっていますので、遠回りのようですが、たくさんのアンケートに答えることで、会場調査の当選確率が上がります。

体感ですが、かなりサボってもゴールド会員までは行きます。(確か100回答)そして、ゴールド会員になると、大体月に1回は毎月当たるようなイメージです。

ですので、時間的な損失を最小限にしたい方は、とりあえずゴールド会員まで上げておいてから、会場調査の質問だけを狙い撃ちするのが効果的なのではないでしょうか。質問数の少ないものを選ぶのがおすすめです。

真面目に答える

聞かれたことに対して真面目に答えます。場合によってはランダムにボタンを押していないかどうか確認するための問題も紛れています。

会場調査が当たると電話で事実確認とかもされますので、なんて答えたっけ?となっても乗り切れるよう、常に嘘はつかない回答をするのが鉄則。

戻るボタンは押せないことも多いので、ケアレスミスにも要注意です。ただ、真面目に嘘なく答えるだけです。

「毎日決まった時間」とか、「もれなく答える」という必要はないです。

もちろん、多く答えた方がランクが上がって有利ですが、30分以上かかる長すぎるアンケートも中には含まれているので、設問が短いものに焦点を当てた方が時間当たりの単価は高くなります。

ドタキャンしない

会場調査やホームユーステストに当選すると電話がかかって来ますが、この時に当日都合が合わない場合はその時にキャンセルしてもなんの不利益もありません。

が、予約をしているのに、当日会場に行けなくなってしまったり、定められた期間にやらなければならないことが遅れそうな場合は、必ず連絡をしましょう。

ドタキャンをしても法律には反しないし、怒られもしないですが、一度ドタキャンをすると、見えない所でペナルティが課せられてる可能性もあり、次回からの当選確率に影響してしまう可能性もあります。

報連相はしっかり守りましょう。

くじ運がいくら悪くても会場調査は当たります

うさぎ飼いは、毎月何かしらの会場調査を最低一つくらい当てておりますが、くじ運は最低レベルに悪いです。

そんなにハズレってあるの?って言われるくらい、抽選で当たったことがないくらいです。

そんなうさぎ飼いでもかなりの頻度で会場調査は当たります。

どうせ当たらない・・・・なんて思わずにどんどん応募しましょう。

なにせ顧客は、アンケートを答えてくれる人を探しているのですから、誰かしらが当たる仕組みになってます。

マクロミルはアンケートモニターの中でも王道中の王道だと思います。情報セキュリティの面で安心ですので、おすすめです。

毎月1万ポイントは大きいです。

効率よく、副業ライフを楽しみましょう↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です