両国国技館にて9月場所初参戦

こんにちは、うさぎ飼いです。

お友達に誘われて、両国国技館で初めての相撲観戦にいってきました。

相撲の街、両国へ

両国の隣の錦糸町はよく行くんですが、両国駅は初めてです。駅を降りて見てびっくり。

駅の雰囲気から、お相撲さん文化が根付いています。

両国国技館、江戸東京博物館、駅の中には相撲の展示スペースも。

名物のちゃんこ

両国マップをよくみると、ちゃんこが有名のようです。

少し時間があったので、ちゃんこを食べることにしました。JRの東口の前ではちゃんこのお店がたくさん。

色々見て回りながら、横綱横丁のChanko Dining 安美 横綱横丁本店に行ってきました!

ランチメニューがあってお手頃で、とても美味しそうだったので。

海鮮ちゃんこ ランチセット

こちらがランチセットです!ボリューミー!!ちゃんこをあける前にお刺身をいただきましたが、美味しすぎてびっくり!!!

北海道顔負けでは??と思うくらい美味しかったです。しかもランチでさりげなく、サブのおかずでこのクオリティは素晴らしいです!!!

海鮮ちゃんこ

念願のちゃんこです。野菜も、お魚も、出汁もすごく美味しい!!

しかも1000円ちょっとくらいでいただけました!コスパ最強。大満足です。

ちなみに夜のコースは4000〜8000円くらいするそうです。ランチのコスパは素晴らしかったです。平日の午後、予約なしで入れました。

両国国技館へ

よく電車の中から外観を見ていたんですが、両国国技館に入るのは初めてです。いつも外からしかみたことがなかったので、感動!

両国国技館の外観

アリーナのようでしたが、相撲のために作られた建物という感じ。

外国人観光客の人もたくさんいました。

両国国技館の中 14時30分頃

初めて生で相撲を観戦しました!

意外と自由に出入り出来る雰囲気なんですね。飲食も自由だし、観戦も自由な雰囲気なんですね。前の方の席の人は幕内弁当を食べるのが恒例だそうです。

テレビでは気付かなかったんですが、相撲は両手をついてからがスタートということで、タイミングをみたりとか色んな時間があるんですね。

試合が始まるかな?と思いきや、四股を踏んで拍手が上がったり。

審判ってあんな所にいるんだ〜とか、買った方はお金を貰うんだ!と素人のような見方しか出来なくてすみませんが、とても新鮮でした!

休憩タイム

最後の方がスポンサーも多く注目されている選手が集まるということで、1番盛り上がる時間帯になる前に、グッズや売店を見に行きました。

売店には応援グッズのタオルや、お相撲さんの手形が売ってたり、記念に良さそうですね。

うさぎ飼いは、国技館カフェなるところでソフトクリームをいただきました。

国技館カフェ メニュー

最後の試合

休憩タイムを終えて戻ってくると、すごい声援が。満員御礼??さっきまでと観客の数が全然違ってびっくり。後半にみんなが注目する試合が集まっているんですね。

注目されている選手の試合は、スポンサーがすごくつくんですね。

今回は「貴景勝 – 遠藤」と「大栄勝 – 鶴竜」の試合にスポンサーがたくさんついていて、大盛り上がりでした。

永谷園の広告が多く、よく考えたらお茶づけのパッケージってこの両国国技館の中をイメージしたデザイン??と思ってしまいました。

他にも妙義龍や阿炎という選手にも、たくさん黄色い声援が・・・・!

ファンが多いんですね。初めての参戦でしたが、雰囲気をたくさん味わえました。

帰りは両国駅観光

試合が終わるとみんな一斉に帰るんですが、帰り道の両国にもお土産屋さんや展示スペースがたくさん。

土俵を見学してきました。大きい。

他にも両国駅に色んな駅の展示があったので、少し見学して帰りました。

日本人なのに、今まで全然相撲文化に触れる機会がなかったんですが、日本の伝統的な文化に触れることができて、有意義でした。

次は博物館観光もしたいと思います( ´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です