令和初日に入籍しました! 台東区役所での手続き

こんにちは、うさぎ飼いです。

かねてよりお付き合いしていた彼くんと5月1日に入籍しました。

婚姻届を提出するまで

時間外窓口へ

今回婚姻届を出すに当たって、色々知らなかったな〜と思うことがたくさんありました。

例えば婚姻届は、24時間365日提出することができるんですね!平日の昼にしか提出できないのかと思っておりました。

5月1日は、天皇即位の日ということで、元号が切り替わる記念の日!

ということで、日付が変わってからぼちぼち準備をして、AM0時頃家を出て、到着したのがAM1時前。

ミーハーな入籍日ということは自覚していましたが、夜中にも関わらず10組以上のカップルが・・・!

準備した書類はなんとか大丈夫だったみたいで、すぐに受理してもらえました。

婚姻届を提出するときに必要なもの

婚姻届を提出する時に持っていくものは、4つ。

  • 婚姻届
  • 印鑑
  • 戸籍謄本
  • 身分証明証

1番気をつけたいのは、婚姻届の不備。自分で書く欄に記入漏れがあってもすぐ記入したらいいんですが、証人欄に不備があると大変です。

ちなみに証人欄は20才以上の人なら誰でもよくて、外国国籍の方に証人になってもらう時は、本籍欄に国名だけを記入してもらいます。

夫婦に証人をお願いする時は、苗字が同じ場合でも異なる印鑑を使わなきゃいけないので、要注意。

婚姻届の書式は自由!

これも今回初めて知ったんですが、役所に行ったら所定の婚姻届をもらうことができるんですが、実はインターネットでダウンロードできちゃいます。しかも書式は自由。

役所の書式を使っている人は平成のままの書類の人が多く、不備というわけではないそうなんですが、窓口で「せっかくなので二重線で平成を消して、令和にしましょうか」というやりとりが結構ありました。

インターネットでダウンロードできるものは、令和に編集も出来るし、うさぎの可愛い婚姻届もあるんです。

必要事項が書かれてさえいれば、書式は自由。ココナラというサイトでは、オリジナルの婚姻届も作れちゃいます!

ココナラ オリジナル婚姻届

2人の記念日に、オリジナルの婚姻届を出せたら素敵ですよね。

台東区役所の場合

婚姻届を出した後って、ハッピーなモードで写真撮影とか出来るスポットがあるのかな?と思ってたんですが、ありませんでした・・・。

しかも役所の人は写真撮影はしませんと注意書きが・・・。クールな台東区役所。

祝日に婚姻届を提出した場合、正式に受理されるのが、祝日明けの平日、つまり5月7日(火)になるということでした。不備がなければそのまま受理になるそう。

身分証明書に不備があったら

実は、住民票だけでは写真がないからか、身分証明書をして認定してもらえないそう。

しかし、後から所定の身分証明書を提出すれば、その日に受理したことにしてくれるみたいなのでご安心を。

パスポートまたは運転免許証があれば安心。

身分証明書などの変更

そんなこんなで、区役所に行って無事に婚姻届を出す事が出来たので、よかったよかったということで、これにて終了〜。

とはならないんですヽ(;▽;)ノ

氏名が変更したら、身分証明書云々は、自分でやることになります。パスポート、銀行口座、クレジットカード、、、、数え出したらキリがありません。

しかも銀行口座の氏名を変えるには、パスポートなどの身分証明書が必要なので、まずはパスポートを再発行しなきゃいけません。

パスポートを更新するには戸籍謄本が必要なんですが、当然必要なのは新しいパスポート。

うさぎ飼いは、パスポートと婚姻届のために2部、古い戸籍謄本を取り寄せてしまったんですが、パスポートの方は昔の戸籍謄本では意味がない・・・。

パスポートの申請は戸籍が変わってから申請しないといけないんですね。

まとめ

婚姻届に書く欄はそれほど多くなく、すぐにかけちゃいます。でも、戸籍謄本を取り寄せるのに時間がかかることもあるので、準備はお早めに。

婚姻届は24時間365日提出できて、インターネットでダウンロードも出来ちゃいます。

不備がないよう念入りに。素敵な記念日を〜。

※追記 令和初日ということで、区役所ではいつになく婚姻届を提出する人が多かったみたいです。2週間後、パスポートの更新のために戸籍謄本を取り寄せようと思い、新本籍地に行ってもまだ受理されてないということでした。台東区で手続きが完了したのが5月17日、新しい戸籍を申請して、届いたのが24日でした。いつになく役所が忙しかったみたいでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です