もしもアフィリエイトのAmazon審査に受かったり落ちたりした話


こんにちは、うさぎ飼いです。

先日Googleアドセンスの審査に受かって浮かれていたんですが、実はもう一つ、ずっと気がかりな悩みがありまして・・・・・・・。

それは本家Amazonアソシエイトの審査に落ち続けていることです。(凹)

先に断っておきますと、うさぎ飼いはAmazonプライム会員であり、Amazonに捧げた金額は数万単位ではない。

先日も羽毛布団を購入したんです。ちょっと話し逸れますけど、羽毛布団ってめっちゃいいですよ。夏は涼しく、冬は暖かい上に軽い、年中使えて、触り心地はふわふわしていて気持ちいい。安眠できる。1度使うと病みつきになります。

脱線してしまい、すみませんでした。

広告審査の難しさ

広告審査のハードル

話は戻りますが、難易度的に、Googleアドセンス>Amazonアソシエイトではないんでしょうか。

しかし、Amazonアソシエイトの審査の厳しさは、Googleアドセンスに次ぐくらい?とネットでも囁かれており、なかなか受からない人は私だけではないようです。

そこで、もしもアフィリエイト経由であれば、Amazonの審査が通りやすいという噂を聞きつけたうさぎ飼いは、早速もしもアフィリエイトに申請。10記事程投稿していた時点で申請が承認されました!ワーイ。

同じAmazon商品の広告といえど、やはりハードルが違うみたいです。

もしもアフィリエイトに申請

もしもアフィリエイトは、案件がたくさんあって、Amazon報酬利率も本家と同じ。Amazonを始め、色んな広告があり、振込最低金額のハードルも低いことから、人気みたいですね。

Amazonアソシエイトになかなか通らないというかたは、こちらからいくと通る可能性もあります。もしもアフィリエイトの会員登録はこちらからできます↓

うさぎ飼いも始めて1ヶ月も経たないで、「108円の報酬が発生しました!」ってメールを頂いた時はとっても嬉しかったんです。Amazonの広告を貼れるとサイトも見やすくなるということもあり、楽しんでおりました。

もしもアフィリエイトでのトラブル

が、しかし、喜んでいたのも束の間、、、、

突然、もしも様から頂いたメール↓

【重要】ご登録頂きましたサイト削除のご報告(もしもアフィリエイト)


平素より、もしもアフィリエイトを ご利用頂き誠にありがとうございます。 
サポートデスク担当です。 

大変恐縮ではございますが 
過日もしもアフィリエイトに 
ご登録頂きました下記サイトの 
登録を削除させて頂きましたので 
ご報告申し上げます。 

・サイト名: 
うさぎ飼いの日常

・ご登録URL: 
https://usagikaidaily.com

・登録削除理由:
— 
ご登録のURLにサイトが確認できませんでした。

— 

もしもアフィリエイトサポートデスクから頂いたメール

?!?!

何?!突然削除しましたって連絡は何でしょうか?!

しかもしかもサイトは実在してます。一体何事?!と思い、もしものサポートセンターに問い合わせしました。

そうすると、意外にも早くお返事頂けました。↓

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。 
【もしもアフィリエイト】サポートデスク担当です。 

弊社チェック時に何らかの原因で正常に閲覧できなかったようです。

あらためてページを確認し、 
問題ございませんでしたので 
サイト登録の復活を行いました。 

お手数ですが、サイト一覧ページより 
ご確認くださいませ。 
https://af.moshimo.com/af/shop/management/site 

なお、これによるプロモーションへの提携再申請や 
広告の貼り替えなどは必要ございません。 
ただし、プロモーションの提携が 
申請中になってしまっている場合には 
再度、広告主様の審査が行われている状況ですので 
審査結果が出るまでお待ちください。 

このたびは、ご迷惑をおかけしました。

今後とも株式会社もしもを、宜しくお願い申し上げます。 

もしもアフィリエイトサポートデスクから頂いたメール

なーんだ、何かのエラー?手違い??よくわからないんですが、サイトは復活したしたし、一安心~♪

と喜んでいたのも束の間、、、、

こういう場合、Amazonなどの審査が必要になる提携先は再申請されたものとみなされて、再審査があるそうなんです。まあ、一度受かってるし、大丈夫でしょ~と安心してました。

3日後に頂いたメール↓

提携が否認されました【もしもアフィリエイト】

もしもアフィリエイトから頂いたメール

?!?!?!

なぜ?!しかも、もしもアフィリエイトは一度サイトを削除して再登録しないと再申請できない仕組みである。

というか、なぜ???と思い、思い当たる記事を非表示にして再申請した後、また否認されるというのを3回繰り返す。

何が規約違反していると言うんでしょうか、ワカラン。

よくわからなかったので、1度目の申請から再申請までに更新した記事を全て非表示にしたら(強引な手段である)、この度、再び承認されました。

まとめ

もしもアフィリエイトはAmazon審査のハードルが低く、使いやすくて良さそうです。今回は訳も分からず、時間が結構かかってしまいましたが、もしもサポートセンターの対応は丁寧でしたし、迅速に対応してくれました。

再審査で不承認になったということは、どこかに規約にひっかかる記事があった可能性があるので、同じようなことが起こらないように、記事をリライトしないといけなさそうです。

Amazon申請の難しい所は、提携が否認された理由を教えてもらえない所にあります。Googleアドセンスの方は、理由を教えてくれるので、対策を練りやすい。

本家Amazonアソシエイトに振られても、もしもアフィリエイトがあるので、そちらに通ってしまえば、とりあえずは問題なさそうですが、でも気持ちとしては、やっぱり本家の審査に通りたい・・・・。

次は、本家Amazonアソシエイトの方も通れるように頑張ってみます。

※追記 2020年1月、本家のAmazonアソシエイトにも合格しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です