うさぎの赤ちゃん3匹が我が家にやってきました!

こんにちは!うさぎ飼いです。

もうすぐ生後2ヶ月のうさぎの赤ちゃん3匹とママうさぎが我が家にやってきました。

赤ちゃん達が2ヶ月を過ぎて、他の飼い主さんの所に行くまで一時的に預かります。

うさぎファミリー

今日やってきたのは、ママうさぎの茶々とその子供達。

なので、この赤ちゃん達はチノの弟or妹達です!うさぎは生後2ヶ月~3ヶ月頃の段階ではまだ性別を見分けるのが難しくて、まだ性別はわかりません。最初は生殖器が表に出ていないので、専門の人でも性別を見分けるのが難しいそうです。

この赤ちゃん達の父親は、ちゅー。これは家族写真です。茶々(左)、ちゅー(右)、手前が生後1ヶ月くらいの赤ちゃん達。

茶々が11月に出産

茶々とちゅーは仲良しカップルで、これが2度目の出産です。1回目の出産では、ラテとチノを出産しました。茶々も2回目の育児なので、慣れている感じ。我らのグレートマザー。

ちゅーは、男らしくもあり、甘えんぼでもある5児の父。バナナが大好きだけど、最近はダイエットしているみたい。

11月末頃に4匹産まれたのですが、1匹は天国に行ってしまいました。産まれたての赤ちゃんはストレスに弱いんだなあと再び実感させたれました。

残った子達は元気に育って欲しいです!

赤ちゃん達

今日我が家にやってきた3匹は、本当に本当に元気。初めての場所なのに怯えるどころか好奇心旺盛に探検して走り回ります。そしてケージにいる時はケージを齧る。静かにしなさい。

それぞれの飼い主さんが名前を決める予定なので、まだ名前は決めてません。

でもまだ赤ちゃんといえど、個性がそれぞれに出ていて面白いです。

産まれたばかりの時

黒い子は完全にお母さん似。産まれた時は18グラムしかなくて、成長出来るか本当に心配だったけれど、最近はご飯もよく食べて無事にすくすく成長してる最中です。子供達の中で唯一のお母さんと同じ毛色。

黄土色の小さい子は、産まれた時からピヨピヨ鳴くので、ピヨと呼ばれています。うさぎってほとんど泣かないはずなのに、こんなに四六時中ピヨピヨ鳴いてるうさぎって本当に珍しい気がします。体の色はお父さん似だけど、顔はお母さん似。

1番大きい白い子はとにかく元気。思いっきり遊んで、いっぱい食べて、いっぱい甘える。急に近寄ってきたと思ったらぺろぺろしてくれたり、産まれながらにしてファンサービスを心得ているなんて、にくいやつ。

ナーバスになるチノ

新しくうさぎさん達をお迎えしたことで、チノがとてもナーバスに・・・。ケージに近づいて、威嚇しちゃったり。そして育児中の茶々も神経質になっているみたいで、ケージの中が大騒ぎに。

先行きが少し心配です。多頭飼いの難しいところはこういう所かもしれません。

2ヶ月を過ぎて、それぞれの飼い主さんの所に行くまで預かります。みんなで仲良くしてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です