うさぎの牧草はアルファルファよりチモシー?メリットとデメリット

こんにちは。うさぎの牧草の種類、たくさんあって迷いますよね。

どんな牧草がいいの?とお悩みの方、それぞれメリットとデメリットがあるので、うさぎさんの状態に合わせて決めましょう。

なんでも食べるうさぎさんは、1番刈りのチモシー

うさぎの牧草は、大きく分けて2種類。イネ科のチモシーとマメ科のアルファルファがあります。

一般的に、マメ科のアルファルファの方が栄養価が高く、嗜好性が高いそうで、うさぎさんはお好みのようです。

ですが、もしも、どちらも好んで食べるなら、イネ科のチモシー1番刈りがオススメです。

アルファルファの方がいい時

もしも、イネ科のチモシーは食べないけれど、マメ科のアルファルファなら喜んで食べる!と言う時は、迷わず、アルファルファをあげましょう。

うさぎにとって牧草をたくさん食べるということは、生命を維持するという意味でも、歯の健康を整えるという意味でもとっても大切です。

歯が伸び続けないようにするためには、牧草をしっかり噛むことが大事なのです。

栄養価が高すぎるから・・・・という理由でチモシーをあげ続けて、牧草自体をあまり口にしなくなってしまったら、本末転倒です。

牧草をたくさん口にできることが、1番優先されるべきことです。

アルファルファのメリットとデメリット

マメ科のアルファルファは確に栄養価が高く、時々栄養状態が過多になってしまうこともあります。

我が家も、私がチモシーアレルギーを発症してしまったことをきっかけに、アルファルファに変えてみたところ、お腹の調子が悪くなってしまった子もおりました。

ただ、牧草の他にもペレット をあげていたので、ペレットの量を3分の2くらいに抑えてあげると、いつものように調子が良くなりました。

こんなふうに、ペレットと牧草のバランスと、うさぎの体質などを考えて調節したらいいんです。

少し食べるだけで満足してくれるのか、イネ科のチモシーを食べていた時に比べて、牧草を下に落とす量が減りました。消費量が半分くらいになったので、結果的に効率よく牧草をあげることができるようになりました。(うーん、意外な発見)

まとめ

アルファルファは確かに栄養価の高い牧草ですが、ペレットの量を調整しながら、バランスを見て決めたらOK。

牧草を下に落とさずに味わって食べてくれるので、イネ科のチモシーよりも効率よく牧草を消費することができるかもしれないですよ。

シニアのうさぎさんに、いつまでも元気でいてもらうためにも、アルファルファはオススメです。

イネ科のチモシーでお悩みの方は、ぜひアルファルファも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です