うさぎの癲癇(てんかん) その1 症状が出た時に飼い主さんができること

こんにちは、うさぎ飼いです。

うさぎはとても繊細な動物なので、健康なうさぎさんでも気になる症状が色々あります。

うさぎさんはよくゴロン〜と寝転がったりするかわいい仕草がありますが、いつもと様子が違う時は、要注意です。

もし、ボ〜ッとしていたり、小刻みに震えているような症状があったら、癲癇かもしれません。

うさぎの癲癇

うさぎの癲癇の症状

うさぎも癲癇の症状がでることがあります。先日、白がボーッとしていて少し首を振っていたので病院に連れて行きました。

色々な症状がありますが、癲癇の症状はこんな感じです。

  • ぼーっとしている
  • 震えている
  • 後ろに倒れることも
  • よだれ
  • 足をバタバタさせる

どれも普段の様子と違う症状なので、見分けわれる可能性は高いです。すべての症状が同時に出るわけではないですが、いくつか該当すると様子を見ておいた方が良さそうです。

まずは原因を突き止めることから

癲癇の原因は実はたくさんあるそうで、すぐに治療開始というよりは、まずは原因を突き止めることが最優先になります。

  • 身体検査
  • 血液検査
  • 神経検査
  • 寄生虫検査
  • ウィルス検査
  • レントゲン検査
  • 脳の検査

・・・・色々な可能性があるんですね。こうやって順に検査していって、原因を突き止めてから治療開始になります。

うさぎの癲癇治療の難しさは、この原因を突き止めるという所にあるそうです。

癲癇治療の難しいところ

例え、考えられる色々な検査を全部しても、原因を突き止めることができないということもあるそうです。

ストレスが原因で一時的な症状だった、という可能性も否定できず、症状が一回だけという時には特に難しいそうです。

原因がわかった場合は、薬の治療をしていくことになりますが、薬の治療をすることで完治するとは言い難い、というところのようです。

特に頻繁に症状が見られるというものでなければ、もう少し様子を見るということになることもありそうです。

飼い主さんが出来ること

うさぎの癲癇の症状は長くても数分、一瞬のことなので、獣医さんにその症状をみてもらえることは少ないです。

どのような症状が出ているかをしっかり伝えるために、症状が出た時に動画を撮っておくと、診察がスムーズになります。

いざ病院に来た時に、「てんかん発作がありました!」と事後報告されても、どのような症状か見ていないと、判断が難しくなってしまいます。

心配で心配で、抱きしめてあげたい気持ちは痛いほどわかるのですが、早急に正確に処置が出来るよう、動画に症状をおさめて置くようにしましょう。

また、症状がでた日時と頻度、その時の環境の変化などがあれば、しっかり把握しておくということが大事です。

そして、出来る限り早く病院へ連れていきましょう。対処が早いほど後遺症への影響も違ってくることがあります。そして、原因を突き止めることが出来れば、完治することもあります。

我が家の白の検査結果はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です