うさぎはお風呂に入る?お尻が汚れている時のおすすめの洗い方

こんにちは、うさぎ飼いです。

うさぎはお風呂に入るの?と聞かれることがあるんですが、基本的に入りません。

意外なことに、うさぎはほぼ無臭でキレイ好きな子が多く、あまり汚れることがないんですね。

うさぎの体温は38〜40℃と言われていて、お風呂に入れることで体温が下がってしまうことが心配されることが多いんじゃないでしょうか。

ただ、うさぎもお散歩などで足が汚れたり、お尻が汚れたりすることがあるので、時々部分的に洗うことがあります。

最近のチノはなんだかお尻が汚れることが多く・・・、毛が固くなってしまって汚れが落ちにくくて悩んでおりました。

おすすめの洗い方

準備

お尻が汚れていた時のおすすめの洗い方をご紹介します。

洗面器の中に、少し熱めのお湯を入れ、クエン酸を少々入れます。

洗面器はバケツでもいいんですが、底があまり深くない方が洗いやすいです。お湯をたくさん入れることができれば、どっちでも大丈夫です。

クエン酸は100均でも売っていますが、うさぎが舐めてしまっても安心できるよう、純度が高いものがおすすめです。

食用は工業用よりも不純物の濃度が低いので、おすすめです。

タオルを準備しておきます。フェイスタオル2〜3枚か、バスタオル1枚くらいあると安心です。

お尻の洗い方

ゆっくり洗面器の中に、うさぎの下半身だけ入るように浸けて、汚れを浮かして洗います。

お尻の汚れている部分だけ、指で軽くつまみながら洗っていくと、キレイに落ちます。

最後は、上からお湯で簡単に洗い流して、タオルでよく水気をとります。

よくタオルで拭き取れば、自然乾燥でも結構すぐ乾いてくれるので、うさぎ飼いは自然乾燥派です。

ドライヤーの音をすごく恐がる子がいるので、うさぎの様子を見ながら判断です。嫌がらないようだったらドライヤーをして乾かすのが1番じゃないでしょうか。

クエン酸の注意点

クエン酸はお尻が汚れている時に使います。

お尻の汚れは、うんちやおしっこが付いているということなので、汚れはアルカリ性です。そういう時は、酸性のクエン酸がよく落ちるんですが、アルカリ性汚れじゃない時はそれほど効果を発揮しないです。

泥水がついた、というくらいなら、そのままお湯を使うだけで十分ではないでしょうか。

最後におまけ

チノは爪切りやブラシがあまり好きではなく、結構暴れるタイプです。

でも、熱めのお湯に浸かって、チャプチャプお尻を洗っていたら、まんざらでもなく気持ちよさそう。

ふぅ〜〜〜

親父か( ̄∀ ̄)

普段抱っことかも嫌がる子ですが、暴れることもなく、結構気持ち良さそうに洗えました。

乾くとお尻もとってもキレイになったので、お尻が汚れている子がおりましたら、是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です