うさぎがケガをしてしまった時の応急処置

こんにちは、うさぎ飼いです。

我が家には3羽のネザーランドドワーフちゃんがおります。多頭飼いは仲良くしてくれると、とても微笑ましいんですが、中には仲の悪い組み合わせもあって、たまに喧嘩してしまうことも・・・・・・。

うさぎが怪我をしてしまった時

うさぎのケガ

あまりお外に出ないうさぎですが、実は家の中でも危険がいっぱい。

うさぎさんがケガをしてしまうのはこんな時。

  • 深爪
  • 部屋を探検中に落下してしまったり、どこかにぶつけてしまったり
  • 他のうさぎとケンカ

深爪

実は多いです。うさぎは定期的に爪を切る必要があるんですが、血管が見えにくい子は深爪してしまうことも。もし血が出てしまったら、ティッシュなどでよく押さえて止血をしましょう。

部屋んぽ中に

お部屋のお散歩、通称部屋んぼは意外と危険がいっぱい。割れ物がある棚などは要注意です。

他のうさぎとケンカ

うさぎのケンカはダントツでこれが多いのではないでしょうか??特に男の子同士のケンカは激しいです。出会い頭に、急に取っ組み合い!ということも珍しくありません。相性のいいうさぎさんかどうかよく注意しながら確認しないと、飼い主さんまでケガをしてしまう危険もあります。

うさぎがケガをした時の対処法

人間がケガをした時は、マキロンやエタノールで消毒して、絆創膏を貼ったりしますよね??

うさぎがケガをした時にも、消毒を!!と思ってしまいますが、実はうさぎさんに消毒液やクリームなどでの応急処置は返って逆効果になることも。

消毒液にはアルコールやら、なにやら、色んな成分が入っていて、うさぎさんがそれを舐めてしまう可能性があるので、消毒液などの処置はあまり良くないそうです。

傷口を発見したら、水で洗って患部を抑える。必要に応じて病院に連れて行く。このくらいしか飼い主さんが出来ることはないんです。

なんだか物足りない気もしますが・・・・。

気になる症状があれば、すぐに病院へ

ケガをした時でも自然治癒もあるので判断が難しいところではありますが、一度傷口が化膿してしまうと、長引いてしまうこともあるので、出来れば病院でみてもらうのが1番安心です。

傷口をみて抗生剤を考えてくれたりします。

飼い主さんのケガにも注意

普段はおとなしいうさぎさんでも、ケンカしている時は興奮していて、止めに入った時に噛まれる可能性もあります。

うさぎ飼いも、うさぎのケンカの間に入る時は命がけです。

いざという時のために救急箱は必須です!(※人間用)

最近はミトンをしてケンカの仲裁に入ることも。

仲良くしてくれるのが1番なんですが・・・・、うさぎも人もケガだけはしないように、気をつけたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です